HAIR CARE Q&AヘアケアQ&A

あなたの髪の悩みに答えるスカルプケアQ&A

薄毛や白髪、スカルプケアなど、皆さまの髪の悩みやトラブルにお答えします。原因とメカニズムを追求して様々なトラブルを解消していき、美しく輝く髪を手に入れましょう。

スカルプケアに関するお悩み

頭皮のベタつきやフケ・薄毛・抜け毛・白髪など、多くの方が抱えている頭皮の悩みについて、
ヘアケアのプロフェッショナルブランドであるケラスターゼが、原因やおすすめのケア方法をお答えします。

Q.

フケが髪や衣類に付きやすく悩んでいます。原因と対策、おすすめのシャンプーを教えてください。

A.

フケは、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの。頭皮のターンオーバーが正常におこなわれないと角質細胞は大きく剥がれ落ち、フケとなります。

フケ症は、大きく分けて乾燥性のものと、脂漏性のものの2種類があります。
乾燥性のフケは、粉をふいたようにパラパラとしており細かいのが特徴です。一方、脂漏性のフケは、クシや髪にまとわりつくように湿っており、比較的大きなフケであることが特徴です。


乾燥性のフケの原因と対策は?

乾燥性のフケは、頭皮の乾燥が主な原因です。
原因として、生まれもった肌質や、ご使用されているシャンプーが合わない等の理由が考えられます。
そのため、「スペシフィックシリーズ バン センシドット」のように刺激が少なく、保湿効果の高い製品のご使用をおすすめします。
スペシフィックシリーズ バン センシドット」は、頭皮の保護機能を整える成分や、洗浄・コンディショニングする成分、保湿・保護する成分、健やかに保つ成分など、5つの主要成分を配合し、健やかな頭皮へ導きます。

また、フケの原因として意外に多いのが、シャンプーのすすぎ残しです。シャンプーは適量を使用し、耳の後ろや襟足の生え際付近はしっかりとすすぐように心がけてください。


脂漏性のフケの原因と対策は?

脂漏性のフケは、マラセチアと呼ばれるかび(真菌)がその原因となることがあります。マラセチア菌そのものはすべての人の頭皮にいる常在菌ですが、脂分を栄養としており、汗や皮脂が増えるとそれだけマラセチアが増え、脂漏性のフケになってしまいます。
脂漏性のフケを対策するためには、頭皮の皮脂や汚れを取り除き、清潔に保つことが重要です。「スペシフィックシリーズ バン ゴマージュ ペリキュレール」はマラセチア菌の増殖を防ぐ有効成分が入っており、脂漏性のフケに悩む方におすすめです。

また、洗髪後に髪や頭皮を乾かさずにいると菌の増殖を促してしまうため、ドライヤー等できちんと乾かすことも大切です。
乾燥性のフケと同様に、シャンプーのすすぎ残しが原因の場合も多いため、シャンプーは適量を使用し、耳の後ろや襟足の生え際付近はしっかりとすすぐように心がけてください。

頭皮環境を整えるおすすめのシリーズ

その他の頭皮のQ&A

このページをシェアする