alt

Q .  髪が乾燥してパサついたり、広がったりします。良いヘアケア方法を教えてください。

A .  髪を乾燥させる要因は大きく分けて3つあります。物理的(熱処理等)、化学的(カラー・パーマ)、環境的(気候、冷・暖房、紫外線、排気ガス、タバコの煙など)要因です。加えて頭皮の状態によって髪が乾燥するケースもあります。


ヘアケアに関するお悩み

ダメージヘアや乾燥・くせ毛・カラーヘアなど、多くの方が抱えている髪の悩みについて、
ヘアケアのプロフェッショナルブランドであるケラスターゼが、原因やおすすめのケア方法をお答えします。






物理的な要因による乾燥から、髪を守るには?


物理的な要因には、主にドライヤーやヘアアイロンによる熱処理によるダメージが挙げられます。
ドライヤーをかける際には、過度な乾燥を防ぐため、髪とドライヤーの間に15〜20cm程の距離をとり、毛先ではなく根元に温風を当てて乾かしましょう。


また、ドライヤー、ヘアアイロン等の熱から髪を守る一つの方法として、熱の力を利用して髪に潤いとツヤを与えるクリームタイプの洗い流さないヘアトリートメント「ニュートリティブシリーズ ネクター テルミック」のご使用もおすすめです。
自然由来のローヤルゼリーによって髪をしっかり保湿。キシロース・グアーガムのコンビネーション“グルコスリーク”により、ドライヤーなどの熱の力を利用して、柔らかく、なめらかな髪へと導きます。


乾燥してしまった髪の自宅でのデイリーケア方法は?

乾燥を防ぐために、髪を乾燥させる要因を避けることは非常に重要ですが、既に乾燥してしまった髪・乾燥しやすい髪質の方には、乾燥対策に特化したヘアケア製品のご使用をおすすめします。
ケラスターゼでは髪の乾燥レベルにあわせたラインを用意しています。
まずはサロンのカウンセリングを通してご自身の乾燥レベルの確認をし、それからプロのアドバイスに基づいたケアをしましょう。


<髪の乾燥が気になる方におすすめの製品>
髪の乾燥が気になる方には「ニュートリティブシリーズ マジストラル」をおすすめします。
乾燥している髪に芯までうるおいを与え、やわらかく、なめらかな質感を導きます。


<乾燥に悩む方におすすめのメニュー>
プロのスタイリストが髪の乾燥レベルに合わせて、適量を調合する「プロフェッショナル リチュアル」は、持続性の高い乾燥ケアとしておすすめです。髪にうるおいを与えることで、よりまとまりやすい髪や、やわらかくなめらかな髪を導くことができます。